So-net無料ブログ作成

Olivia Newton-John/『Great Hits! First Impressions』 [CD]

GreatHits.jpg再三発売中止になっていた Olivia Newton-John の旧譜がようやくリリースになったが、過去2回の発売中止でファンの期待を大きく裏切ったためか、Olivia 本人が娘を連れてプロモーションを行ったにも関わらず、ほとんどネット上でも話題になっていない。

新装2枚組ベスト盤のジャケットが今ひとつ(いや全くダメダメという意見も!)だったり、この時期、他にも強力な旧譜リイシューがあったり、音質の変化に乏しい新素材 CD で1枚2800円もするなど、いろいろな悪条件が重なり、全くの不発ぶりを発揮している今回のリイシューだが、今年の3月にリイシューできていればこれほどの悪条件はなかっただろう。今回は明らかに販売側の時期見誤りが大きな失敗の要因だろう。

とは言うものの、Olivia の旧譜にいい曲やアルバムがあるのは間違いないことで、乱発状態のベスト盤だけでしか聴けなかった曲の多くが、アルバムとしてやっと聴けることは喜ぶべきこと。だが、この CD が売れない時代に1枚2800円という価格は全く見誤った設定と思わざるをえない。下手をすれば、オリジナルの LP 時代より高い価格なのではないか?

と、今回の旧譜リイシューにはいろいろ言いたいことがある。1974年以前のデビュー直後から初期のアルバムが全く含まれていないことも大きなマイナス要素だ。1974年の『Long Live Love』より前のアルバムには、まだ大きなヒット曲こそないが、それでも Olivia を代表する曲が幾つかある。初期のアルバムがごっそり抜け落ちた今回のリイシューは本当に片手落ちというしかない。

今年の春、リイシューが発売中止になった際に Festival Records からリリースされた3枚の Olivia のベスト盤を手に入れたが、今回紹介する『Great Hits! First Impressions』は、まさに今回のリイシューで抜け落ちた初期のアルバムから12曲が収められている。

Olivia の初期のアルバムにはアメリカやイギリス、オーストラリアなどで編集が異なるアルバムがたくさんあるので一概にどのアルバムに収録されていたのかを決めるのは難しいが、このベスト盤には1971年のデビュー盤『If Not For You』から2曲、2ndアルバムの『Olivia』から2曲、3枚目のカバー曲を多く収録した『Let Me Be There』から5曲、続く『Long Live Love』から2曲、北米地域だけでリリースされた『If You Love Me, Let Me Know』から1曲という構成になっている。

今回リイシューの対象になったアルバムはこのベスト盤に収録された曲を含むアルバムでみると『Long Live Love』のわずか1枚しかない。このことからも、いかに Olivia の初期のアルバムが今回のリイシューで欠落しているかがわかる。

この頃の Olivia の曲はどれも瑞々しいボーカルが魅力で、カバー曲も多いがそのどれもが Olivia の曲らしいアレンジになっていて、Olivia のボーカルがどの曲でも際立っている。

このベスト盤に収録された有名なカバー曲は1曲目の Bob Dylan の『If Not For You』に始まり、Johnny Cash もカバーした『Banks Of The Ohio』、George Harrison の『All Things Must Pass』に収録された『What Is Life』、John Denver の『Take Me Home, Country Roads』と、シングルとしてもリリースされ、チャートを賑わした曲が並ぶ。

そして全米チャートで最高6位と Olivia 初の Top10 シングルになった『Let Me Be There』は Grammy 賞で Best Female Country Vocalist に選出。『Long Live Love』は1974年の Eurovision Song Contest で惜しくも2位になった曲だった。

『If You Love Me (Let Me Know)』は全米チャートで最高5位を記録し、Olivia の2枚目の全米 Top10 入りシングルに。続く『I Honestly Love You』では遂に全米チャートで No.1 を記録し、200万枚以上のセールスをあげた。Adult Contemporary チャートでも3週間 No.1 に輝いた『I Honestly Love You』は1975年の Grammy 賞で Best Female Pop Vocal Performance と、最も優れたシングルに贈られる Record of the Year に選ばれた。

初期のヒット曲をもれなく収録したベスト盤の『Great Hits! First Impressions』。ここに含まれた曲以外の初期の Olivia のアルバムが聴きたいと思っても、今回のリイシューではごっそりこの時期のアルバムが抜け落ちている。デビュー40周年を声高に謳ってリイシューするなら初期のアルバムも完璧に揃えて欲しい。それがファンの望むものではないだろうか?

Great Hits! First Impressions
If Not For You (If Not For You)
Banks Of The Ohio (If Not For You)
Winterwood (Olivia)
Take Me Home Country Roads (Let Me Be There)
Amourse (Let Me Be There)
Let Me Be There (Let Me Be There)
I Love You, I Honestly Love You (Long Live Love)
Long Live Love (Long Live Love)
If You Love Me (Let Me Know) (If You Love Me, Let Me Know)
What Is Life (Olivia)
If We Try (Let Me Be There)
Music Makes My Day (Let Me Be There)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails