SSブログ

Robert Johnson/『The Centennial Collection』 [CD]

The-Centennial-Collection.jpgこの『The Centennial Collection』は1990年にリリースされた2枚組の『The Complete Recordings』の新装版ともいえる内容で、1911年5月8日生まれの Robert Johnson が今年で生誕100年になることからその100年を意味する Centennial がこの新装版のタイトルには付けられている。

と、書いていたところに、この『The Centennial Collection』が国内盤としても6月1日にリリースされるというツィートが飛び込んできた。

1990年リリースの『The Complete Recordings』と新装版の『The Centennial Collection』の大きな違いは、前者は同じ曲のテイク違いが続けて収録されていたが、後者ではオリジナル音源を San Antonio Recordings と Dallas Recordings の2枚に分けてオリジナル音源をまとめて紹介した後に別テイクがそれぞれの CD の終盤にまとめられている。

1990年版『The Complete Recordings』は Grammy 賞の Best Historical Album にも選ばれた、この2枚組に収められた『Sweet Home Chicago』『Cross Road Blues』『Hell Hound On My Trail』『Love In Vain Blues』の4曲はロックの殿堂入も果たし、多くのアーティストによってカバーもされている。

『The Complete Recordings』は Robert Johnson の記録を辿る2枚組として決定版と言える内容だったが、今回の『The Centennial Collection』は現存する最良の音源が Steven Lasker の手によりデジタル変換され、Seth B. Winner がデジタルでレストア処理を行っている。

1990年版と2011年版の双方を聴いた方の感想によれば、両者の差は歴然だと言われている。『The Centennial Collection』では高域のヒスノイズが目立つが、これを除去してしまうとオリジナル音源にも影響があるので今回のデジタル処理では敢えて残されたらしい。

同梱されたブックレットには2004年に『Me and Mr Johnson』というタイトルで全編 Robert Johnson の曲をカバーした Eric Clapton を筆頭に、Sheryl Crow、John Mellencamp、Jimmy Page、Joe Perry、Bonnie Raitt、Keith Richards、Carlos Santana という錚々たるメンバーが Robert Johnson への想いを寄せている。

『Me and Mr Johnson』を記した際に Robert Johnson の生い立ちを少し触れたが、『The Centennial Collection』で聴ける数々のオリジナルは Robert Johnson の弾くギターとボーカル以外に一切の装飾がなく、1930年代のブルースがオリジナルのまま詰まっている。

Robert Johnson の生涯はわずか27歳で閉じられ、2回のセッションで残された曲は29曲だけ。しかし、後世に残した影響は『Me and Mr Johnson』以外にいろいろなかたちで受け継がれ、数多くのカバーを生んだ。

後世のカバーはギターとボーカル以外に多くの楽器やボーカルが重ねられ、Robert Johnson のオリジナルとは大きく解釈の異なるバージョンもある。ギターが上手くなるため悪魔と取引きをしたとされる Robert Johnson のオリジナルを聴いた後に、後世のカバーを聴くとその仰々しさや、オリジナルの持つ危険な雰囲気がなくなってマイルドな AOR になってしまい、カバーによっては大きな違和感がある。

Robert Johnson の死因には不明な要素も多くあり、その中には毒殺されたという説もある。それもおごられた酒に毒が盛られたという説で、最初は友人の忠告で難を逃れたが、再びおごられた酒に毒があり、そのときに盛られていた毒が原因で亡くなったという説だ。

毒を盛られた原因もギターが上手くなったことへの嫉妬と言われたり、人妻へ向けて歌ったことからその旦那に恨まれたからという説もあり、Robert Johnson の短い生涯には多くの証言があって謎も多い。

そういう話をいろいろと辿りながらこの『The Centennial Collection』にある曲を聴くと、生々しい音がまた新鮮に聴こえてくるから不思議な想いになる。

The-Centennial-Collection.jpgThe Centennial Collection
【CD 1 - San Antonio Recordings】
Kind Hearted Woman Blues
I Believe I'll Dust My Broom
Sweet Home Chicago
Ramblin' On My Mind
When You Got A Good Friend
Come On In My Kitchen
Terraplane Blues
Phonograph Blues
32-20 Blues
They're Red Hot
Dead Shrimp Blues
Cross Road Blues
Walkin' Blues
Last Fair Deal Gone Down
Preachin' Blues (Up Jumped The Devil)
If I Had Possession Over Judgment Day
 Alternates -
Kind Hearted Woman Blues
Ramblin' On My Mind
When You Got A Good Friend
Come On In My Kitchen
Phonograph Blues
Cross Road Blues
【CD 2 - Dallas Recordings】
Stones In My Passway
I'm A Steady Rollin' Man
From Four Until Late
Hell Hound On My Trail
Little Queen Of Spades
Malted Milk
Drunken Hearted Man
Me and The Devil Blues
Stop Breakin' Down Blues
Traveling Riverside Blues
Honeymoon Blues
Love In Vain Blues
Milkcow's Calf Blues
 Alternates -
Little Queen Of Spades
Drunken Hearted Man
Me and The Devil Blues
Stop Breakin' Down Blues
Traveling Riverside Blues
Love In Vain Blues
Milkcow's Calf Blues


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails