So-net無料ブログ作成

Paul McCartney Live! without FAB4 [いろいろと…]

PaulMcCartney.jpgロンドン五輪開会式の最後に登場した Sir, Paul McCartney。今もなお、現役でライブをしている Paul だけに不安な要素は感じられず、『Hey Jude』の冒頭で Paul のボーカルが回っていたのを除けば、いいステージだった。

「プレイした曲が閉会式向き」とか、今回の選曲にはいろいろな意見があるが、やっぱり元気な Paul の姿が見られたことは素直に嬉しい。

この (→) 画像は Paul の facebook にアップされていたモノで、ユニオン・ジャック仕様のベースはライブで登場しなかったが、こんなおどけたポーズが決まるのも Paul ならではのことだ。

今回の開会式のパフォーマンスについて、いろいろなブログを見ていたとき、ふと目に止まったのが、マキタニさんが書かれているブログ『sundaysoundtrack』の『もしポール・マッカートニーがライブでビートルズの曲を演奏しなかったら』だった。

この記事はマキタニさんが「Paul が The Beatles 時代の曲を演奏しなかったらどうなるだろう」と、夜な夜な考えて作ったセットリストで、全部で36曲あり、2時間をゆうに超える長さもあって、アンコールでのセットリストも考慮された素晴らしい内容になっている。

それがこれ (↓) で、Wings 時代の曲、1980年代以降のソロ時代の曲が散りばめられ、現時点での最新スタジオ・アルバム『Memory Almost Full』からも『Dance Tonight』と『Only Mama Knows』の2曲が選ばれている。

ライブ本編は『Live And Let Die』で終了。アンコールの一回目は『Rockestra Theme』で始まり、二回目のアンコールは『Coming Up』。そして最後の曲は『Flaming Pie』からの『Beautiful Night』。ここで PV と同じように Ringo Starr がドラムで登場したら…と、考えたら、本当にゾクゾクしてしまった。

◆01."Venus And Mars / Rockshow"
 『Wingspan Hits and History』by Wings
◆02."Jet"
 『Band On The Run』by Paul McCartney & Wings
◆03."Figure Of Eight"
 『Flowers In The Dirt』by Paul McCartney
◆04."Listen To What The Man Said"
 『Venus And Mars』by Wings
◆05."Let Me Roll It"
 『Band On The Run』by Paul McCartney & Wings
◆06."Flaming Pie"
 『Flaming Pie』by Paul McCartney
◆07."Fine Line"
 『Chaos And Creation In The Backyard』by Paul McCartney
◆08."Call Me Back Again"
 『Venus And Mars』by Wings
◆09."Wanderlust"
 『Tug Of War』by Paul McCartney
◆10."So Bad"
 『Pipes Of Peace』by Paul McCartney
◆11."Every Night"
 『McCartney』by Paul McCartney
◆12."Junk"
 『McCartney』by Paul McCartney
◆13."Here Today"
 『Tug Of War』by Paul McCartney
◆14."Calico Skies"
 『Flaming Pie』by Paul McCartney
◆15."Dance Tonight"
 『Memory Almost Full』by Paul McCartney
◆16."My Brave Face"
 『Flowers In The Dirt』by Paul McCartney
◆17."Veronica"
 『Spike』by Elvis Costello
◆18."Souvenir"
 『Flaming Pie』by Paul McCartney
◆19."All Things Must Pass"
 『All Things Must Pass』by George Harrison
◆20."Silly Love Songs"
 『Wings At The Speed Of Sound』by Wings
◆21."Getting Closer"
 『Back To The Egg』by Wings
◆22."Junior's Farm"
 『Wings Greatest』by Paul McCartney & Wings
◆23."Only Mama Knows"
 『Memory Almost Full』by Paul McCartney
◆24."Soily"
 『Wings Over America』by Wings
◆25."Maybe I'm Amazed"
 『McCartney』by Paul McCartney
◆26."My Love"
 『Red Rose Speedway』by Paul McCartney & Wings
◆27."No More Lonely Nights (Ballad)"
 『Give My Regards To Broad Street』by Paul McCartney
◆28."Mrs Vandebilt"
 『Band On The Run』by Paul McCartney & Wings
◆29."Band On The Run"
 『Band On The Run』by Paul McCartney & Wings
◆30."Live And Let Die"
 『Wings Greatest』by Wings
◆31."Rockestra Theme"
 『Back To The Egg』by Wings
◆32."Young Boy"
 『Flaming Pie』by Paul McCartney
◆33."Goodnight Tonight"
 『All The Best! (US)』by Wings
◆34."Coming Up (Live at Glasgow, 1979)"
 『McCartney II (Bonus Audio Tracks)』by Paul McCartney
◆35."Nineteen Hundred And Eighty Five"
 『Band On The Run』by Paul McCartney & Wings
◆36."Beautiful Night"
 『Flaming Pie』by Paul McCartney

この36曲の中には Paul が Elvis Costello とコラボレーションしたときに作った『My Brave Face』の後に、Costello のスタジオ・アルバム『Spike』にある『Veronica』が登場。これの Paul バージョン、どんな風にプレイされるだろう…?

また、John Lennon に絡めた『Here Today』に対して、George Harrison については『All Things Must Pass』を選んでいる点も楽しい。

プレイリストを早速作り、この36曲を聴いてみた感想は、ソロ時代の有名な曲に混じり、思い入れのある曲が随所に登場。ライブとしてのメリハリもあって、『Getting Closer』から『Soily』までのロックな曲の4連発。その後に続くバラード3曲など、本当にこの構成でぜひ Paul にプレイして欲しいと思った。

このセットリストは大いに満足なのだが、いろいろな CD から選んだ36曲のため、音量レベルが揃ってなく、最近のスタジオ・アルバムやリイシューされた CD に比べると古い CD はレベルが低く、ときどきボリュームを調整しなければいけないのが難点だった。

この点は Walkman で聴くときにノーマライズを行えば解決するが、Paul の Arichive Collection が完成した暁にはこういった音量レベルの違いも、そして音質の面でも大きく向上したモノを聴くことができるだろう。

Paul の Arichive Collection シリーズはまだまだ数年先まで続く長期プロジェクトだが、それも気長に待ってみたいと思う、マキタニさんの素晴らしい仮想セットリストだった。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 0

コメント 2

makitani

わー、ありがとうございます! 実際にこのセットリストで聴いてみてくれたんですね。
そうそう、いまこのリストを作っても、音量レベルがそろっていないんですね。なので僕はいまの時点では不満なのですが、早いところリマスターがそろってくれないかなと思っています。リマスターは遅々として進んでいない印象なのですが……。
by makitani (2012-07-29 23:06) 

MCMLXV_65

本当にPaulのソロ時代のアルバムは枚数が多いですけど、早くリマスター化してほしいですね。こういうコンピレーション・アルバムを独自に作っても、こう音量レベルの差が激しくては…。

でも、この36曲。既に2周目を楽しんでます。Paulのグレイテスト・ヒッツ・ライブって感じで、かなりお気に入りになりました!!

音量レベルの問題はWalkmanのノーマライザにお任せして堪能しています。暫くはこの36曲に十分浸ってしまいそうです。また、こういう楽しいプレイリスト考えたら、ぜひ教えて下さい!!!
by MCMLXV_65 (2012-07-29 23:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails