SSブログ

スネークマンショー/『海賊盤』 [CD]

snakemanshowbootleg.jpg今日はいつもと趣きを変えて、スネークマンショーの CD を紹介。

この『海賊盤』、1982年のオリジナルはカセットのみのリリースで、パッケージはコンドームの箱ソックリで、その当時はとても手が出せるような代物ではなかった…。

それが後に、このようなイラストを添えたアルバムとして、CD でも2003年にリリース。1981年の『急いで口で吸え!』と『死ぬのは嫌だ、怖い。戦争反対!』の2枚、1983年の『ピテカントロプスの逆襲』を含む4枚が CD で、それも紙ジャケット仕様でリリースされたが、その時はアッという間に最初の2枚が売切れてしまった。

1981年リリースの2枚はリアルタイムでも聴いたアルバムだったので、その2枚が手に入らないのであれば、その他の2枚にも興味がなかったが、そのリイシューが好評だったのか、再び紙ジャケット盤として4枚がリイシューされ、その際にこの『海賊盤』も含め4枚全てを手に入れた。

1981年リリースの2枚のアルバムはスネークマンショーと曲が交互に収録されていたのに対し、この『海賊盤』での曲は『YMOメドレー』という5分弱の曲がひとつあるだけ。その他は全てスネークマンショーで構成され、前半は副題に「エーゲ海の真珠~ブタペストの心」がある17分弱のスネークマンショー、後半には14分少々のスネークマンショーが、この『海賊盤』の大部分を占めていた。

曲というかたちをとったスネークマンショーによるロックンロール・メドレーもあるが、これは往年のロックのスタンダード曲をスネークマンショーが歌った曲で、「F***」という4文字がアチコチに飛交うとても危険な替え歌。これはちょっとラジオなどではオンエアできない曲だった…。

この CD の7曲目にインデックスされたスネークマンショーはオリジナルのカセット版になかったモノで、リイシューされた CD などだけに追加されたブラックな内容。これに限らず『海賊盤』に収められたスネークマンショーは1980年代という時代を感じるモノが多く、その当時をリアルタイムで経験した身に懐かしいモノもある。

この『海賊盤』も『急いで口で吸え!』と『死ぬのは嫌だ、怖い。戦争反対!』と同じく、そばに誰かがいるときはヘッドフォンやインナーホンでしか聴けないモノばかり。1980年代にスネークマンショーをカジッたことがある方と共に聴くなら問題ない (本当か…?) が、全く知らない世代と聴くとドン引きされること間違いないので、スピーカーで聴くときは、くれぐれも周囲を確認して聴くことをお薦めする。

snakemanshowbootleg.jpgスネークマンショー 海賊盤
スネークマンショー・イントロダクション
YMOメドレー
スネークマンショー (エーゲ海の真珠~ブタペストの心)
スネークマンショー
スネークマンショー (ロックンロール・メドレー)
スネークマンショー
スネークマンショー




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails